サイトの作り方

ドメインとサーバーを紐付ける設定方法|ムームードメイン×エックスサーバー

更新日:

ドメインとサーバーを紐付ける設定方法

独自ドメインとレンタルサーバーを取得したら、そのドメインとサーバーを紐付ける設定(関連付ける)をします。そのままだと両方とも使い物になりません。

この記事では、ムームードメインとエックスサーバーで取得した2つを紐付ける設定方法を書いていきます。(画像を見るだけでもおおかた設定できます。)

簡単なイメージをすると、あなたの土地(サーバー)に住所(ドメイン)を設定することです。そうすることで、あなただけのサイトを所有することができます。

もん平
土地と住所を紐付けるのか…。
トラ広告主
意外と簡単に出来るぞっ!

ムームードメインでの設定

初めに、独自ドメイン側から設定をしていきます。

独自ドメインを取得したサービス会社(ムームードメイン)へログインして、ネームサーバーと呼ばれるものを書き換えていきます。

メモ

ネームサーバーとは、別名「DNSサーバー」と呼ばれており、ドメイン名とIPアドレスを紐付けします。

この「ドメイン名とIPアドレスを紐付ける情報」を、どこに登録するのかを決めていくのが今回の作業です。とくに理解しなくても手順通りやれば問題ありません。

ネームサーバー(DNS)の設定をする

ネームサーバーの設定をしていきます。

ムームードメインへログイン後、左の一覧表から「ドメイン管理」→「ドメイン操作」→「ネームサーバ設定変更」を選択します。

ドメイン操作

以前に取得した独自ドメイン名が表示されるので、その横にある「ネームサーバ設定変更」ボタンをクリックします。

ネームサーバー設定変更

ネームサーバ設定変更画面になるので、下にスクロール(移動)して「取得したドメインで使用する」をクリックします。すると、下にネームサーバー設定欄が出てきます。

ネームサーバーに書き込む

このネームサーバ設定欄に書き込みます。書き込む内容は、エックスサーバーを使用している人ならみんな同じ内容なので、ここに書いておきます。

ネームサーバー1ns1.xserver.jp
ネームサーバー2ns2.xserver.jp
ネームサーバー3ns3.xserver.jp
ネームサーバー4ns4.xserver.jp
ネームサーバー5ns5.xserver.jp

確認方法:エックスサーバーの「サーバーパネルへログイン」→「サーバー情報」からでも見ることができます。

この「ns~.jp」を先ほどのムームードメイン側に書き込んでいきます。

エックスサーバーのサーバー情報

上のように記入すればOKです。

最後に「ネームサーバ設定変更」ボタンをクリックすると小窓が出てくるので「OK」をクリックすれば、ムームードメイン側の設定は終わりです。

エックスサーバーでの設定

ネームサーバーでドメインがエックスサーバーに紐付けられたので、今度はエックスサーバー側でドメインを受け入れる設定をします。

ドメイン設定をする

エックスサーバーへアクセスして、「サーバーパネル」を押して「ログイン」ボタンをクリックします。「インフォパネル」のID、パスワードとは違うので間違えないように。

エックスサーバーのサーバーパネルへ

ログインしたらドメインにある「ドメイン設定」をクリックします。

ドメイン設定

次に「ドメイン設定の追加」タブをクリックして、あなたが取得した独自ドメインの名前を書きます。

その下の「無料独自SSLを利用する」、「高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする」にそれぞれチェックが入っていることを確認します(レ点が入っていればOK)。そのまま確定ボタン「ドメイン設定の追加」をクリックします。

サーバー側のドメイン設定

確認画面に進むので、内容を確認してから「確定」ボタンをクリックします。

ドメイン設定の内容確認

これでエックスサーバー側のドメイン追加設定も基本的に終了です。

ドメインとサーバーの紐付け設定には、時間が掛かるのでURLをクリックしても「無効なURLです。」と表示されます。約1時間~1日掛かると言われているので、設定が反映されるまで待ちましょう。

確定画面で正常に終わっていればOKですが、SSL設定が正常に行われない場合もあります。今回は私がそうなったので、その解決手順も書いておきます。

「無料独自SSLの設定に失敗しました」と出た場合

画像が見切れてしまい申し訳ないですが、以下のように「無料独自SSLの設定に失敗しました」とエラーメッセージが出るときがあります。その場合は手動でSSL設定をしなければなりません。

その設定方法も書いておきます。

無料独自SSLの設定に失敗しました

メモ

成功している場合はURLが「https://」で始まり、失敗している場合は「http://」で始まる。

エックスサーバーのサーバーパネルへログインします。右上あたりにある「SSL設定」をクリックします。

SSL設定をクリック

「独自SSL設定の追加」タブをクリックして、対象ドメインが選択されていると思うので一応確認します。その下の「CSR設定」はチェックをせずに、そのまま「確定ボタン」をクリックします。

SSL設定の追加をクリック

確定ボタンを押すと、「SSL新規取得申請中です。」と表示されるので、そのまま待ちます。

SSL新規取得申請中

画面が変わったら「戻る」ボタンをクリックします。

戻る

下画像のように、「すでに独自SSLが設定されています。」と表示されていればOKです。反映が遅く、時間が掛かる場合もあるので、表示されない場合は少し待ちましょう。

SSL設定完了

とりあえず作業はこれで終了です。

独自SSLの確認方法

少し時間をおいて、独自SSLがしっかり反映されているか確認します。先程の画面から「SSL設定の一覧」タブをクリックして、その下のURLをクリックします。

URLをクリックして確認

URLをクリックして、下のような画面が出ていればOKです。

ドメインとサーバーの紐付けが完了

もしこの画面が出なければ、時間をおいてからもう一度URLをクリックしましょう。

ここまでやれば、ドメインとサーバーの紐付ける設定と独自SSLは完了です。

まとめ

ドメインとサーバーを紐付ける設定方法を書いてきましたが、やっていることはとても簡単です。理解していない部分もあるかもしれませんが、とりあえずこの手順通りにやっておけば問題ないと思います。

もん平
おつかれっす!

 

【設定編|読む順番】

この記事は⑨です。次は⑩を読んでいきましょう。

9.ドメインとサーバーの紐付け。

10.WordPressのインストール方法

迷うことがあったら、基礎編で復習してみよう。

購入手順で迷ったら、実践編で復習してみよう。

【実践編|読む順番】

6.ドメインを取得する。

7.AFFINGERを購入する。

8.レンタルサーバーを契約する。

-サイトの作り方

Copyright© アフィたま , 2018 All Rights Reserved.